2012年01月24日

美味しいバレンタインチョコを実食チェックレポート[ぐるなび食市場その1]

本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、家族チョコ。
愛の告白だけじゃなく、
日頃の感謝の気持ちをさりげなく伝えられるのがバレンタインデー。
そしてチョコ好きには、美味しいチョコレート情報を一気にチェックできる楽しいイベントでもあります。

先日は、日比谷シャンテの上、ぐるなびさんのオフィスで
2012年のバレンタインチョコレートのイチオシをいくつか見せてもらいました。
ぐるなびの通販「ぐるなび食市場」で購入できるチョコレートです。
バレンタインギフトお披露目会のレポート第1弾は、



神戸フランツ
神戸フランツ
伊藤久右衛門
抹茶生チョコ
銀座千疋屋
千疋屋フォンダンショコラ
池ノ上ピエール
池ノ上ピエール


男子は工具好き
神戸フランツ
VVV6で紹介されて一世を風靡したホワイトロールの神戸フランツさんは、
男性社員さんたちがもらってうれしいチョコってなんだろう?と考えて作った工具チョコ。
ボルトとナットがちゃんとネジネジして止められるという懲りよう!
神戸フランツさんは赤いかっこいいパッケージも魅力。

京の茶の香り
抹茶生チョコ
伊藤久右衛門さんは濃〜い抹茶の生チョコで有名です。
一期一会の心=茶道の心 を身近な人に贈りましょう。
この日は見られなかったんですけれど、今の時期だけ出る抹茶増量タイプの生チョコがすごい!
今回初めて食べたほうじ茶生チョコが香りが強くて美味しかったなぁ。
ほうじ茶生チョコのレポート記事≫

キラキラした時間
千疋屋フォンダンショコラ
銀座千疋屋だからこそのフルーティなケーキ。
フォンダンショコラもフランボワーズが効いています。濃厚でリッチ。
あっためてとろけるフォンダンショコラでちょっぴり贅沢な時間がすごせます。

職人技に感動
池ノ上ピエール
池ノ上ピエールさんは、小さいお菓子屋さん。
17歳でフランスに渡り修行したオーナーシェフ鈴木氏による、細工の美しいチョコレートです。箱のバラの花びら1枚までも丁寧に作られています。珍しいオリジナル配合のクーベルチュールは、程よく甘め。
職人技を感じる美しいバレンタインギフトだと思います。


ぐるなび食市場のバレンタインは種類が豊富。
価格から捜したり、ランキングから捜したり、種類や送料無料で捜したりも。

ぐるなび食市場 バレンタイン特集 ≫


posted by みき at 15:14 | Comment(0) | 食:バレンタインデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。