2013年01月17日

チョコを選べば世界が変わる。そんなチョコを贈ってみることにした。

バレンタインデー。チョコレートを選ぶ時には、渡す相手のことを考えてどれにしようか考えるのが楽しいですね。
(※去年の記事ですが、2013年バレンタインの情報を追加して更新しました。2013/01/17)

今週末、わたしの周囲にいる男性の中でもいい男度MAXの人物に会います。
若き起業家。
バレンタインが近いから、チョコレートをプレゼントしようと思って。
どんなチョコレートがいいか考えました。

自然を愛する人に贈るチョコ

自然を愛している人で、趣味も、山に登ったり、海で波に乗ったりと自然に親しんでる。
環境についての問題意識も高い人。

ということで、わたしが思いついたのがCHOCO REVO(チョコレボ)
チョコレボその中でも、わたし自身が特に共感しているのが
ガーナの森をつくるチョコ
ガーナの森をつくるチョコ
このコイン型のチョコレート1個がガーナの森に木を1本植えるのだ。
デザインも可愛い。
しかも美味しい。

ガーナの森は減っている

カカオの産地 西アフリカでは、カカオづくりのために沢山の森が減っているんだそうです。
自然に負担をかける生産体制により、森林が減り、カカオを作る人たちが貧しくなっていく。学校に通えない子供も多い。

CHOCO REVOのチョコレートは、森を壊さない農法で作ったカカオを使っています。
そして、売上の一部がガーナで森を育てる活動資金として使われます。
このやり方が拡がれば、ガーナのカカオ農家さんたちがよりハッピーになれる。
チョコを選べば世界がかわる。
それが、チョコレート・レボリューション=CHOCO REVO


今年のチョコレボ売上金の一部は、東日本大震災の被災地で桜の木を育てる活動にも使われます。

どこで買えるかネットで調べたら、わたしの家の一番近くでは新宿高島屋。
バレンタインの時期だけ11階アムールドショコラに出店してた。
早速、本日ゲットしてきましたー。
よろこんでもらえると嬉しいなぁ。

チョコレボの活動や販売場所については下記ホームページで。
http://www.choco-revo.net/

2013バレンタインデーのCHOCO REVO


2013年もチョコレボは高島屋で購入できます。ウェブでも販売中。
高島屋オンラインストアで、チョコレボ で検索してみて!
今年は、モンサンクレールの辻口シェフ、野菜スイーツ ポタジエの柿沢シェフ、クラブハリエ山本シェフとコラボしたチョコレボも出てますよ。
タカシマヤのバレンタインデー2013トップから右上「〜名パティシエの競演〜セレクトボックス」を選ぶと詳細が見られます。
タカシマヤのバレンタインデー2013はこちら≪

posted by みき at 08:17 | Comment(0) | 食:バレンタインデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。