2013年10月02日

ファイテンの効果を実感しちゃったかも☆ これはいいね!

先日展示会でファイテン(Phiten)さんのブースにお邪魔しました。
Phiten展示会場
[先日引退された阪神の金本選手、メジャーリーグで活躍中のダルビッシュ投手のサイン入りユニフォームが飾ってありました!]
展示されたファイテンの製品を前に、本当に効果あるのかと言わんばかりに質問するわたしに、スタッフさんが「パワーテープを片手あるいは片足だけに貼ってみるときっとわかりますよ」と。

そして、ファイテン パワーテープの試供品をいただきました。
パワーテープ

貼り方をきいてみたら、筋肉が硬くなっているところに貼るといいそうです。

せっかくだから筋肉を使って疲労感がある時に使おうと思いました。
そこで、いつもより長くインターバル速歩をしました。
インターバル速歩は、速歩3分、ゆっくり歩き3分を繰り返す歩き方。
速歩の時間はできる限り歩幅を大きく、かつ、できる限り足の運びを速くします。
かなり筋肉を使います。でもジョグよりヒザに負担がかからないし、ゆっくり歩きをはさむから長時間できます。

1時間半ほど速歩して家に戻ったら脚がパンパン。疲労感たっぷりです。

そこでまず自分の両足に意識を集中して、どちらの脚がより重いのか確認。
右足のほうが疲れて重かったので、触ってみて硬くなってる右のふくらはぎ下にパワーテープをはりました。
パワーテープを片足だけに貼った

しばらくすると、右のほうが左よりも軽くなってることに気づきました。
結構、即効性あるんだなぁ〜

試しに片足立ちをしてみると、左足だけで立つとぐっと筋肉がつまるような重い感じがするのに対し、ファイテンのパワーテープを貼っている右はまるで脚がないくらいの軽い感覚。
これがファイテンの効果? なら、すごいぞー。

ファイテンのネックレス(RAKUWAネック)等はこのテープをずっと貼っているようなものだと展示会ブースのスタッフさんは確か言ってました。
なるほどー!
パワーテープは使い捨てだけど、ネックレスタイプやブレスレットなら何回も、いやずっとつけっぱなしにできるってことだー。
ファイテンの効果について実感・理解できたー。

運動する人たちはパフォーマンスを上げるために使えるし、

首や肩が凝る人はネックレスタイプを
ネックレスタイプ

手をよく使う人、腱鞘炎になりそう〜って人はブレスレットタイプを
ブレスレットタイプ

営業や立ち仕事で1日の終わりには脚がパンパン!って人はアンクレットタイプをすればいいですよね?!ファイテンさん!
アンクレットタイプ

この足首につけるアンクレットタイプは初めて知りました。いいですね〜。
ほぼ毎朝のインターバル速歩のため、そして座り仕事で動かさなすぎる脚のために使ってみたいです。
ジョギングや犬の散歩を軽やかに毎日行いたい人にアンクレットタイプのファイテンきっといいと思いますよ〜。
軽くてじゃまにならない感じだったし、いかにもって感じがしなくて、しかも安い。

1日中座りっぱなしだからお尻〜太ももの裏側がずーっと圧迫されて血流も滞ってる感じがしてるんで、座布団とか、お尻から太ももの裏にいい感じにアクアチタンを並べたルームパンツとか出してくれないかなぁ〜。
運動しない人のファイテンもあっていいよね。


【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト



そうそう、ファイテンの桑の葉の青汁がとっても人気だそうです。
桑葉青汁
調べていたら桑の葉ってすごいよ。青汁飲みたくなってきたー!その話はまた。






関連記事
持っててよかった!ファイテンのパワーテープX30にありがとおおお!肩こりがすぅ〜

posted by みき at 17:54 | Comment(0) | ファイテンPhiten | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。