2015年07月29日

フェンディが、2015-16年秋冬オートクチュールコレクションのファッションショーを東京で開催!

イタリア・ローマを代表するラグジュアリーブランド フェンディ。
2015年に、フェンディとのコラボレーション50周年を迎えたデザイナー カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)へのオマージュ、そして日本上陸50周年を記念して発表された「オートフリュール(Haute Fourrure)」コレクションのファッションショーが7月27日(月)東京でも行われました。
オートフリュールコレクション

フェンディが、2015-16年秋冬オートクチュールコレクションのファッションショーを東京で開催!という記事になっています。

スポンサーリンク



フェンディのチェアマン兼CEOピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)は
「このたびオートフリュールコレクションを東京で披露できることを、とても光栄に思います。これはフェンディの歴史を1歩前進させる試みとして、我々が擁するファーの専門的技術と創造性、ユニークなサヴォアフェールの究極の表現といえます。それは常に、現代性という視点からたゆまぬ研究と実験を重ねることで、ファーの世界に革命を起こしてきたのです」

サヴォアフェールとは、先祖代々受け継がれている技術のこと。

フェンディは1925年、アドーレ・フェンディとエドアルド・フェンディがローマに革製品店を設立したことがブランドの始まり。ファーの専門店なんですね。

伝統の良さを保ちつつ変化を遂げてきたからこそ今でもファッション性の高い新しい毛皮商品を送り出すラグジュアリーブランドとして愛されているのでしょう。

フェンディの公式サイトでショーを見ることができるのですけど、本当に素敵です。
毛皮をこんなふうにしちゃうのかとうっとりします。
ボリューミーな毛皮にミニバッグの組合わせも超ファッショナブル

ショーの最後にカール・ラガーフェルド氏が登場したのですけど、ダンディでかっこいいですねー。
氏曰く
「私にとって、ファーといえばフェンディ、フェンディといえばファー。つまり、ファン ファー(Fun Fur)なんだ! 私にとってのイタリアにおける創造力、それがフェンディ。オートフリュールコレクションは、ファーの中のファー、ファーの王道を見ていただける機会になるでしょう」

言葉がロケンロールですね〜。
ぜひオートフリュールコレクション ファッションショーの様子を見てみてください。
http://www.fendi.com/jp/fendi-life/Haute-Fourrure.html



スポンサーリンク

posted by みき at 17:45 | Comment(0) | その他ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。