DHCオンラインショップ
2016年04月04日

LPS配合クリームで1ヶ月で美肌効果を実感!?

美肌と免疫力をアップさせると話題のLPS(リポポリサッカライド)。LPSの美肌効果を中心に、配合クリームやその他の効果、LPSを含む食品やレシピについてもご紹介します。

ぷるぷるのハリ肌に!

LPSとは?


世界一受けたい授業
LPSが注目されたのはテレビ番組「世界一受けたい授業」がきっかけでした。LPSとはリポポリサッカライドの略。土や植物などわたしたちの周りに存在するパントエア菌という菌(微生物)が持っている成分です。


リポポリサッカライドの機能
LPS=リポポリサッカライドを摂取すると体内でマクロファージが活性化します。

マクロファージはわたしたちの体内のいたるところに存在する白血球のひとつ。細菌やウィルスなどの異物が入ってくると食べてくれます。さらに、こんな異物が入ってきましたよ、と知らせて免疫細胞を活性化してくれます。

また古くなって死んだ細胞を見つけると食べて処理してくれます。これによって新陳代謝が促進されます。

LPSは、わたし達の体内では作ることができません。食べ物から摂取するか、肌には直接LPS配合のクリームなどを塗ることで効果を期待できます。


杣源一郎先生
杣源一郎(そま げんいちろう)先生(香川大学客員教授 薬学博士)は、世界一受けたい授業に登壇してLPS(リポポリサッカライド)について説明してくれた方で、LPS研究の第一人者です。

杣先生は後述のLPS配合クリームimini(イミニ)に使われているパントエア菌LPSの研究チームの一員です。


LPSの美肌効果


LPSはマクロファージを活性化し、肌本来のちからを健やかにします。コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの美肌成分をサポートしたり、紫外線や乾燥などの外的ストレスに負けない肌へと導いてれるのです。

マクロファージが古くなった細胞を食べて処理してくれることで、ターンオーバーも促進するので、肌が生まれ変わる美肌効果も期待できるそうです。年齢肌に悩む世代に嬉しい効果ですね。


LPS配合クリーム
LPSは、肌に直接塗ることで、肌のトラブルを改善する効果があるそうです。
臨床実験では、アトピーのカサカサ肌がLPS配合クリームを塗ることで、1ヶ月後にはキメが細かくなり肌状態が改善したという研究データが報告されています。


imini(イミニ)
前出の杣(そま)先生らの研究チームが発見したパントエア菌LPSを配合したオールインワン型のクリームがimini(イミニ)リペアセラムです。

imini(イミニ)リペアセラムの特徴
年齢肌に必要なヒアルロン酸をサポート
肌本来の力引き出すパワーがすごい
肌なじみがよく、しっかり浸透
シリコン不使用で肌に優しい

imini公式サイト
パントエア菌LPS化粧品 imini(イミニ)リペアセラム



LPSの効果


美肌の他にもLPSにはさまざまな効果があります。

免疫力アップ
リポポリサッカライドの機能のところで説明したように、LPSがマクロファージを活性化して異物をやっつける力を強くします。さらにマクロファージが免疫細胞を活性化してくれて相乗効果で免疫力がアップします。

免疫力があがることで、インフルエンザなどのウィルスに強くなるだけじゃなく、アレルギーの症状、たとえば花粉症の抑制効果も期待できます。


AGEsの除去
慢性的に血糖値が高い状況が続くとAGEs(終末糖化産物)が増えてしまいます。AGEsは肌の老化、脳の老化に伴う認知症などを引き起こすと言われています。LPSがAGEsの量を調整してくれます。糖尿病や予備軍の人だけじゃなく、甘いモノや炭水化物好きな人もLPSを積極的に摂るとよさそうです。


骨粗鬆症性予防
LPSは骨サイクル(壊しては再生するというサイクル)に必要な細胞を活性化して骨粗鬆症性の予防に役立ちます。


LPSを含む食品


美肌のため、健康のために早速LPS(リポポリサッカライド)を摂取したい。LPSが多い食品を紹介します。

LPS含有量が多い順に、玄米、めかぶ、レンコン、ひらたけ、岩のり。

LPSの1日の摂取目安量は、500マイクログラム。
玄米はお茶碗1杯で1日のLPS摂取目安の半分が摂れるそうです。

また、お蕎麦もおすすめ食品のひとつ。全粒粉の十割そばなら1人前で1日のLPS摂取目安の半分量が摂れるそうです。でも十割そばってなかなか食べないですね。

LPSをとり過ぎても問題はないそうですが、一度に大量に食べてもダメ。継続して食べ続けることで効果が期待できるそうです。

ヨーグルトを一緒に食べるとLPS効果がさらにアップするとか。


LPSレシピ
○マクロファージが異物を食べる能力が3週間で5倍にもアップしたLPS食品の組合せ。1日分のLPS摂取目安量が摂れるレシピです。
岩のりの佃煮 5g、玄米 150g、めかぶ 50g、ヨーグルト 180g
1日1回、朝昼晩いつ食べてもOK


○十割そばでLPSの1日量を摂れるレシピ
めかぶ、なめこ、自然薯、レンコンのすりおろしをトッピングすればOK!


○手軽にLPSを摂取できレシピ
ヨーグルト+レンコンパウダー
れんこんパウダーは通販などで買えます。


まとめ


注目の美肌・免疫アップ成分LPS(リポポリサッカライド)についてご紹介しました。アンチエイジングにもよさそうですね。美しい肌を目指すならLPS配合クリームを使うだけじゃなく、食べ物からもLPSを摂って相乗効果を狙いたいですね。


iminiは定期購入がお得です


posted by みき at 12:10 | Comment(0) | 美:その他化粧品関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。