2018年07月05日

デリシェフで低温調理した鶏肉のしっとり感は想像をはるかに超えていた!

低温調理器デリシェフで初めての肉類。お手頃な鶏肉(鶏胸肉)でやってみました。サラダチキンくらいのしっとり感を想像していたのですが・・・ぜんっぜん違ってました。

低温調理で鶏肉しっとり!

鶏肉ってこんなに肉汁ありましたっけ?しっとりを超えたしっとりですよ。しかも鶏肉がこんなに柔らかく仕上がるとは!初のお肉の低温調理で度肝を抜かれました。







鶏肉は、まず室温にします。レシピには塩をふって室温まで置いておくとなっていたのですが、水分が出ちゃうのがヤだから下味はつけず。

室温になったら、さっと表面を洗って皮や脂肪をはずし、ポリ袋に入れます。高価なジップロックなんてわたしは使わない。1つはめんつゆ、1つはオリーブオイルとローリエと塩で味付けしました。味付けは適当です。

60度で50分とデリシェフのレシピにあったのですが、芯まで60度にしたいと思うと心配で、61度1時間でセットしてみました。前回の反省を元に、温度を早く上げるため、給湯器のお湯(基本的に40℃になってます)を入れてデリシェフを設置しました。

デリシェフに鶏肉をセット

予熱が終わったら鶏肉を沈めます。

ポリ袋は柔らかいので、水に入ったところは水圧でほぼ真空になります。だから袋の口を縛る必要なし。

低温調理器は鍋肌が熱くならないから袋の端を洗濯バサミで止めちゃえばOK!

あとは1時間後を待つばかりです。
そして1時間の低温加熱終了〜♪

このまま冷ますのがセオリーなのですが、どうしても気になるので端っこを切ってみてびっくりです。

驚愕のしっとり鶏胸肉

鶏肉はめっちゃしっとり!透明な肉汁が切り口を覆っています。鶏肉の肉汁って見たことないかも!?食べてみると柔らかくてうまーい。

冷まして肉汁を落ち着かせてから盛り付けました。

鶏肉の盛り付け例

鶏胸肉はまだまだ、しっとり以上のしっとりです。低温調理器(デリシェフ)ってすごい!

冷蔵庫でしっかり冷やしたのに、繊維に沿ってならお箸でも切れちゃいますよ。鶏肉が本当に柔らかく仕上がっています。驚愕のしっとり感に、低温調理の実力が身にしみたのでした。ますます、いろいろ作ってみたくなりました!

あ、そうそう、低温調理器って部屋の温度が上がりますね。冬は湿度もあがってうれしいと思うけど、今は暑いからそこんところだけ微妙です・・(笑)

デリシェフは想像以上に楽しめてるし、鶏ハムをよく作る人が専用器として買ってもいいくらいです。


♪デリシェフ低温調理器を使ってみたい方はこちら♪

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

低温調理器デリシェフのスペック
・0.5℃単位で細かく温度設定ができる
・1分単位で細かく時間設定ができる
・水温を設定温度まで上げて一定に保つ
・固定はクリップ式でらくらくワンタッチ
・日本語の取扱説明書
・電源プラグも日本仕様
・ショップジャパンだから39日返品保証・1年間の商品保証つき


デリシェフでやりたいことがいっぱい!ハマっちゃってます。
この後もいろいろ作りましたよ♪
いくつかデリシェフで低温料理をしたものについて記事にまとめました。
まとめた記事はこちらです。


※商品はショップジャパンさんから提供していただきました。ありがとうございます。

posted by みき at 09:51 | Comment(0) | デリシェフ で低温調理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。