2020年01月21日

髪を素早く乾かす「美容師さんが真剣に考えた髪のためのマイクロファイバータオル」

シャンプー後、髪を乾かさないと、常在菌が増え過ぎちゃったり、キューティクルが乱れちゃったり、白髪への影響もあるとか!シャンプー後はとにかく素早く髪を乾かす必要があるそうです。濡れたままの頭皮はデリケートなんですって。

今朝ラジオを聴いていたら、このような前置きにはじまり、髪をす早く乾かす方法について流れてきました。

ラジオで紹介されていたサロン専用ヘアケア用品メーカーの美容師さんが真剣に考えた髪のためのマイクロファイバータオルがすごいー!

シャンプー後、髪を乾かさないと、常在菌が増え過ぎちゃったり、キューティクルが乱れちゃったり、白髪への影響もあるとか!シャンプー後はとにかく素早く髪を乾かす必要があるそうです。濡れたままの頭皮はデリケートなんですって。

今朝ラジオを聴いていたら、このような前置きにはじまり、髪をす早く乾かす方法について流れてきました。

若いときには髪の仕上がりばかり気にしていました。でも、中年と言われる世代に入ると白髪や抜け毛のことが気になる上位にランクイン。特に抜け毛は気になります。抜け毛を増やさないために、アミノ酸シャンプーへ。そして現在は、ほぼ湯シャンの石けんシャンプーに移行してるわたしです。とにかく頭皮のコンディション重視のヘアケアです。

特集の中でタオルドライも素早く乾かすために重要ということで、おすすめのアイテムを紹介していました。

まず出たのが、わたしもいいんじゃないかと思っていたタオルの手袋。ところが、本日のパートナー:杉山アナが使ってみたところ、片方の手にこの手袋をして、反対の手にドライヤーを持つと、自分の髪の毛のどこが濡れていて、どこが乾いているのかわからないのがちょっと使いづらかったと。なるほどー。

一度ドライヤーを置いて髪を触って確かめるのは面倒くさそう。使わなくなるのが目に見えてます。

次に紹介されたのがテレビで紹介されて人気急上昇中というタオル。サロン専売ヘアケア用品メーカー「ハホニコ」のマイクロファイバーのヘアドライタオルです。美容師さんが考えた髪のためのタオルです。

マイクロファイバーは吸湿性が抜群。通常サイズ(38cm×80cm)の綿100%のタオルが約350gの吸水量。同じサイズのマイクロファイバーは約1,488gもの吸水量!4倍です。

マイクロファイバーを使っているだけなら他にもありそうですが、このハホニコの人気タオルはさらなる工夫がされています。

髪や肌にひっかかるループ状の織り方をせず、表面をカットしているので上質でなめらかな肌触り。

さらに、毛足の長さが6mmという長めの仕様にすることで、よりふんわりなめらかな触り心地と大量の水分を瞬時に吸収する力をもっています。

肌に優しいから小さい子供や赤ちゃんにも使えるし、早く乾くのも忙しいママさんにありがたいですよね。

サイズもフェイスタオルより大きく、バスタオルより小さい。絶妙なサイズに工夫されているんです。

めっちゃいいじゃないですか!

1枚1,100円、9色展開です。
美容師さんが考えた髪のためのマイクロファイバータオル


posted by みき at 13:15 | Comment(0) | 抜け毛・白髪 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。