腰痛になっちゃったんです。いろいろ調べて腰痛改善を試みました

腰痛になっちゃったんです。
昨日の午前中、椅子に座っていてちょっと体勢を変えようと動いた時。腰がピシッときたんです。

グキっていうのではないので、やばいなぁ~と心のなかで思いつつも、その後動かないうちは全く痛みもなく。でも、立ち上がって動き出そうとしたらやっぱりやばい。腰からお尻にかけて痛みがきました。仕事に行く直前にこんなことに~。


とにかく応急処置。腰の筋肉をゆるめなくちゃということで、伝家の宝刀!ファイテンです。

わたしはファイテン大好き。ファイテンの効果については以下の記事にまとめてあります。





まず、痛みのある辺りにピンポイントでメタックステープを貼りました。さらに、腰からお尻全体と、さらに脇腹からお腹まで広い範囲にメタックスクリームを塗りました。

さらに、こういうときは温めたほうがいいので腰にホッカイロ。

やれることはやった。痛みは抑えられている感じです。

仕事にでかける時間になり、外に出て歩き始めるとやっぱりお尻のあたりにかけて痛みがあり、歩幅がいつもより小さくなっちゃいます。

腹筋に力を入れると楽になるので、1日中お腹に力を入れながら過ごしました。最初のうち、力を入れてもちゃんと力が入らなくて。腹筋が弱ってるのを実感。

でも夕方までにはわたしのお腹も筋肉に力を入れる感覚を思い出したようで、ほどほど力が入るようになりました。

なんとか1日をやりすごして帰宅。

腰痛の治し方をユーチューブで探してみました。

いくつか見ていくうち、これはと思ったのが、腰痛は腰が原因じゃないということ。
・前屈して腰が痛いのはお尻の筋肉が固まっている。
・腰を反らせると腰痛がおこる人は、太ももの前側が固くなっている。


この時点ではとにかく痛いんでどっちかわからないから、お尻と前ももを両方ストレッチしました。

さらに、腰をほぐすために仰向けに寝て膝を立て、左右にゆっくり倒すのを10回くらい。

(ちなみに、腰痛のときに腰をがっつり伸ばすようなストレッチはNGです。体験的にグイグイ伸ばすとよけい痛くなります。伸び切った状態で動くとグキッときちゃうんだよ。)

これで就寝しました。

朝目覚めてからも、布団の中でできる前太もものストレッチとお尻のストレッチをしてから起きました。

まだ軽い腰痛状態です。
でも少しよくなっていたので前に曲げるのと腰を反らせるのと、どちらで痛いのか確かめられました。

前に曲げても痛くないのに、腰を反らせると痛い。ということは、前太ももの筋肉が凝り固まっているための腰痛っていうことですね。

よし、太ももの前側をしっかり伸ばしてほぐそう。

ところで、湿布したほうがいいのかな?とググってみました。検索結果のトップには製薬会社のページばかり。そんなのは読みません。湿布は必要って書いてあるに決まっているから。

目にとまったのは、運動や湿布をせっせとするより正座がいいという記事。
「事実!頑固な腰痛は「朝の30秒正座」で治る 運動や湿布をせっせとするよりも…」 という記事です。

腰痛に悩まされている人は、根本治療ではなく対症療法をとりがち。その代表が、湿布を貼ることです。湿布は、痛みの元となっている筋肉の炎症は鎮めてくれますが、腰痛の根本原因にアプローチするものではありません。ですから時間がたって薬効が切れれば、また痛みが出てきます。


湿布は炎症を抑えて一時的に痛みを抑えてくれるが対症療法であって根本治療にはならないということ。つらい痛みの緩和にはよさげですね。でも腰痛は治るわけではないと。わたしの場合は痛みがつらいってほどじゃないから湿布はしないでよさそう。

また、慢性の腰痛には冷やすより温めるのがいいそうです。温湿布は暖かく感じるけど本当に患部を温めてはいないそうで、きのうのホッカイロは正解だったかと。

その他マッサージや運動についても触れたあと、この記事のメインイベントとなる「朝の30秒正座」が登場します。

腰痛の三大要因となる背骨の歪み、足の使い方、血流の悪さを解決して慢性化した腰痛を治していけるのがこの朝の30秒正座なのだとか。
(三大要因について詳しく知りたい方は記事をお読みください。)

朝の30秒正座(元記事にはイラスト付きで詳しく説明があります。)
床に両膝をついて膝立ちになります。このとき左右の膝をくっつけることと左右のかかとをくっつけるのが肝心です。

左右のひざ、かかとをくっつけたまま、かかとの上にお尻をのせて正座します。体重を左右均等にかけるのを意識します。

30秒キープします。

膝立ちにもどったら片足を前に出してゆっくりと立ち上がります。

やってみたら、できないんですね~これが。

かかとがどうしても離れてしまうんです。かかとを離さないようにすると、ひざが途中で曲げられなくなります。しかも足首とか足の甲が床に押し付けられて痛いし。

もうびっくりです。どこがどんなふうに硬くてこんなことになるんだかわかんないです。でも、ひざが途中までしか曲げられないのはきっと太ももの前が硬くてつっ張っているからかな。

もひとつ驚いたのが、30秒正座をイテテテ!とやったあと、腰がぐ~んと軽くなったこと。これ、よさそうですよ。

毎朝30秒この正座をやることで、慢性化した腰痛が改善するそうですよー。

やってみようと思います。今日もファイテンのメタックスクリームを塗って、ホカロンを貼って仕事に行ってきまーす!

・・・

2日めもなんとか無事仕事を終えました。

休憩時間にずっと座っていたら、立ち上がるときに腰がっ!腰痛のときって椅子から立つときがやばいですよねー。

どうしようかと思ったのですが、ロッカールームで朝やった30秒正座をやってみたら腰が楽になりました。正座だから人に見られても平気だし、どこでもできてナイス!

3日目の朝、まだまだ油断は禁物ですが、かなりよくなりました。

朝から太ももの前側を筋膜リリースとストレッチ。もちろん30秒正座もやりました。前日よりも少し正座しやすくなってきましたよ。

3日目もファイテンを貼って・塗って仕事に向かいます。

腰痛になって気づいたのは、思っていた以上にあちこち筋肉が硬くなっていたこと。気をつけなくちゃと思います。


スポンサーリンク

この記事へのコメント