ヒト幹細胞の化粧品、効果がすごそうでめっちゃ欲しくなってきた

調べれば調べるほどヒト幹細胞培養液を使った化粧品の効果がすごそうなことが判明してきて、めっちゃ欲しくなってきました。可能性の宝庫ですね!顔にも頭皮にも使いたいです。もし化粧品を使うことでお肌がコラーゲンをどんどん作り、髪もフサフサになったらうれしいですよね?

先日アールイークリニックの毛髪再生治療について調べていたら、幹細胞培養上清液を使っていることが最大の特徴でした。幹細胞の化粧品があることは知ってましたけど、急に興味がわいちゃったんです。



幹細胞培養上清液と幹細胞培養液の違い
まず、幹細胞培養上清液と幹細胞培養液の違いはあるのかを調べました。これは呼び方の違いだけで、どうやら同じものです。


幹細胞培養上清液とは
幹細胞培養上清液は、幹細胞を培養したあとに幹細胞を取り除いた上澄み液のこと。ここには細胞増殖時に分泌されるさまざまな成長因子(グロースファクター)が高濃度に含まれ、細胞を活性化させる機能があります。

幹細胞とは細胞を生み出す元になっている細胞のことをいいます。細胞再生や修復にすぐれた体性幹細胞(わたしたちの体内にある幹細胞)が化粧品には使われます。ES細胞やiPS細胞も幹細胞ですが、遺伝子の問題などで実用化は難しいそうです。


キーになるエクソソーム
幹細胞培養上清液には多くのエクソソームが含まれています。エクソソームは細胞から放出されるとっても小さなカプセル。細胞間のコミュニケーションツールとして使われています。放出した側の親細胞由来の成分が、届いた先で機能します。

親の細胞が何であるかによってその機能も違ってくるんです。

以前このブログで書いた細胞のゾンビ化、セネッセンスと呼ばれる細胞老化。ゾンビ化した老化細胞が出すエクソソームが健康な細胞に届くとその細胞がゾンビ化しちゃうんです。細胞分裂はしないくせに悪のエクソソームを分泌し続けます。そして老化が加速します。恐ろしや!

(ただし、ガンなど悪性の細胞をゾンビ化させることで細胞分裂を止めて病気を進行させないというメリットも持っているんですけどね。)



いっぽう細胞を作り出す幹細胞が出すエクソソームはお肌の成分を作り出す方向に機能するってわけです。これはありがたや!

そして培養する細胞の機能によって、様々な違う働きを持った培養液を作り出すことが可能と考えられ注目されています。薄毛を改善したり発毛したりも期待されているんです。


ヒト幹細胞培養液と植物幹細胞培養液の違い
幹細胞化粧品にはヒト幹細胞培養液を使ったものと植物幹細胞培養液を使ったものがあります。両方を配合しているものも。

この2つは分けて考える必要があります。これまで書いてきたように、幹細胞培養液というのは、もとの細胞がどんな細胞であるかがとても重要です。植物の幹細胞がコラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンを作っているでしょうか?

また、細胞間のコミュニケーションツールであるエクソソームはヒトと植物ではコミュニケーションがとれません。細胞を活性化させ、肌や髪を再生させたいのならヒト幹細胞培養液の化粧品を使うべきです。

植物幹細胞培養液は抗酸化力に優れています。


先駆者ロート製薬の再生医療研究と脂肪幹細胞
幹細胞培養上清液を使用した化粧品を国内大手でいち早く作ったのはロート製薬さんなんだそうです。再生医療として研究してきた幹細胞を化粧品に活かしたんです。

幹細胞化粧品には脂肪幹細胞の幹細胞培養上清液が主に使用されています。どうして脂肪細胞なのかがすごく気になりました。

ロート製薬さんのサイトで調べたら、脂肪幹細胞は、線維芽細胞(お肌のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など真皮の成分を作り出す細胞)と同じ間葉系の幹細胞だそうです。線維芽細胞の真下の皮下組織に存在しています。

そして研究により、脂肪幹細胞は線維芽細胞と同等のコラーゲンを生み出す産生能力があることが発見されました。しかも肌の弾力を生むために必要な繊維状のコラーゲンを作れるんです。

さらに脂肪幹細胞は線維芽細胞と同じ間葉系と書きましたが、この間葉系幹細胞は傷ついた部分を感知して、その部分に移動して修復するという機能を持っているそうです。

それなら、脂肪幹細胞が出すエクソソーム、期待度マックスですよね!


幹細胞治療
幹細胞培養液を点滴で入れちゃうのが幹細胞治療です。美容医療を行うクリニックなどで受けることができます。でもうん十万円もするので、なかなか一般庶民には手が出せそうにありません。


幹細胞 化粧品
幹細胞培養上清液を使っているのが幹細胞化粧品とか幹細胞コスメと呼ばれるものです。

ロート製薬さんでは脂肪幹細胞の創傷を感知して移動する機能を高める成分と脂肪幹細胞を増やす成分を組合せたステムSコンプレックスなるものを開発したそうです。ロート製薬さんのepisteme(エピステーム)のステムサイエンスシリーズのステムサイエンスRXショットにこれを使用したものがあります。

ステムサイエンスRXショット(38,000円+税)の成分をチェックしてみると、ステムCMが幹細胞培養液で加水分解幹細胞順化培養液(保湿成分)と書かれています。ステムSコンプレックスは、カプロオイルテトラペプチド-3、トリペプチド-1銅、コラーゲン(保湿成分)と記載されてますね。

またロート製薬の研究では、幹細胞培養液はそのままでは大きすぎて肌に浸透しないため、低分子化させたそうです。

ステムサイエンスRXファクトブックによれば、表皮、真皮、皮下組織の3層の細胞に働きかけて、根本から肌を再生に導くそうです。真皮層でのコラーゲン産生量は600%も増えたとか。表皮ではメラノサイトも抑制するということで美白にもいいようです。

ステムサイエンスRXショットはロート通販で電話注文のみの受付で販売されています。

幹細胞 化粧品はロート製薬以外にもたくさん出ています。美容液が中心ですが、BBクリームとか、頭皮用のエッセンスも探したらありますね。

幹細胞化粧品の開発は、医薬品レベルの管理体制が必要ですが、市場が拡大しつつある今、製品は玉石混交なのが現実だとか。品質に関してしっかり見極めることが大事です。

ヒト幹細胞の化粧品、効果がすごそうでめっちゃ欲しくなってきたという話題でした。



細胞レベルで若返りたくてNMNサプリを飲み始めました。
日本製NMNサプリこちらミライラボ

海外製NMNサプリこちらAmazon(並行輸入品)


スポンサーリンク

この記事へのコメント