アルコールで手を頻繁に消毒するのは危険かもと思う件

最近のコロナ感染者は感染経路が特定できない人が増えました。それは、もう結構あっちこっちにウイルスがいるってことかなと思います。そうなると、手洗いが重要だし、洗う前の手で顔を触らないように気をつけなくちゃいけません。

アルコール消毒は確実で水がないところでもできるから便利です。

でもわたしは、できるだけ石鹸で洗うようにして、アルコール消毒の回数を少なめにしています。

最近の感染者の中に芸能人の方とかをみていると、他の人以上に清潔を保ち、外出を自粛し、アルコールで除菌しまくっているひとも感染しています。

ニュースを見てわたしなりにいろいろ考えまして。
ここからはかなり個人的な意見です。

アルコールで手を消毒すると手がガッサガサになります。

これは、手のバリア機能が失われている状態です。

アルコールは常在菌も殺菌しちゃうのでそれも関係あるかもと思います。

通常なら手についただけではウイルスは体内に入ってこれません。バリア機能が働いているからです。

だから、粘膜が露出している顔を手で触らないようにすればリスクを避けられるわけです。

でも、手のバリア機能が失われていたら、手から入っちゃうんじゃないかと。

再度いいますがこれはあくまでもわたし個人の意見にすぎません。間違っているかもしれません。

でも、今の状態で手にウイルスがつく確率は高いわけで、手荒れしないようにすることや、手に傷を作らないことは案外大事なんじゃないかと考えるようになりました。

みなさんも手荒れしないように、ケガなどしないように、お気をつけください!!


もし、消毒しすぎて手が荒れているなら、きちんとケアしてバリア機能を復活させましょう!

手荒れには、ワセリンがおすすめですよ。不純物が最も少ない保湿剤で、医療にも使われてるくらいです。

おすすめはプロペトです。

白色ワセリンよりもさらに精製度が高く、敏感肌の人でもだいじょうぶなワセリンです。

【第3類医薬品】プロペトピュアベール 100g

新品価格
¥880から
(2020/4/5 12:48時点)




白色ワセリンも精製度が高いので敏感肌の人でもだいじょうぶです。400円くらいでドラッグストアで買えるので手軽です。

でも、プロペトはさらに精製度が高い。そして、チューブタイプがあるから使いやすいですよね。

この記事へのコメント