手荒れ・乾燥が治ったので治す方法をシェアします +エタノール入のシールドハンドクリームをご紹介

手荒れを強力に予防していたらいつのまにかすごく手がきれいになってきたんです。コロナ感染を防ぐための手洗いで手荒れ・乾燥がひどくなってませんか?どんな手荒れケアをしているかをまとめました。ご参考になればと思います。
手を洗う

やっているのはこれです。
・爪と皮膚の間に油を詰める
・やたらクリームを塗る
・たまに50度洗いをする
・食器洗い洗剤は手袋をする
・手はアルコール消毒しない
・コラーゲンを飲む

記事の最後にすごいハンドクリームというかハンドジェルをご紹介します。エタノール入のジェルで、よくすり込むことで皮膚にシールドを作ってくれるというものです。美容師さんなど手を何度も石鹸で洗うような方向けに作られたものだそうです。

わたしの手荒れ・乾燥の状況


(ここは読み飛ばしちゃってOKです。少し下から手荒れ・乾燥ケアについてがあります。)

新型コロナウイルスに感染しないため手洗いや消毒することが増えました。わたしはスーパーで働いているので30分~1時間に1回手を洗ったりアルコール消毒してたら手荒れと乾燥がひどくなっちゃいました。

仕事が終わる頃には手が乾燥で真っ白に粉がふいたみたいになるし、ささくれもできるし、指の腹は紫色になって痛いしで困ってました。手荒れでガサガサになるし。手に傷があるとウイルスにそこから感染するんじゃないかと、保護フィルムを使ったりしてました。

ささくれができないようにと手荒れケアをしだしたのですが、気がつくと手荒れが治るどころか日に日に手がきれいになってきてささくれもできなくなってます。

手荒れ・乾燥のケアをみんなにシェアしたいと思ってこの記事を書いています。

自己流の手荒れケアなので、もしよろしければお試しください、というレベルですが。

では、わたしがやっている手荒れ・乾燥ケアです。

爪と皮膚の間に油を詰める


とくにささくれができて困っている人におすすめのケアです。爪と皮膚の境目、ささくれができるあたりですが、この部分は手の中でも乾燥に弱いそうです。

このすき間に油、つまりワセリンをぐいぐい詰めます。

手のひらにワセリンを乗せたら、反対の手の爪を押し付けつつぐるぐると手のひらの上で回して爪の境目のところに詰め込んでいきます。

ささくれができていたら、そこにはこんもりとしばらくワセリンを盛っておくとやわらかくなって痛みも和らぎます。

この油詰めをやっているとささくれができなくなるし、指のシワも減ってきます。


やたらクリームを塗る


とにかく手を洗ったらクリーム、またはワセリンを塗ります。あと、手を触って硬いところとかガサガサしてる感じがしたらそこには丁寧に塗ります。

何回も塗るので香料も何も入っていないワセリンが安心だと思います。かなり乾燥がすすんでいる人は、浸透するタイプの手荒れケアのハンドクリームやボディクリームなどを塗ってその上にワセリンがおすすめです。

わたしは何度も塗るのはワセリンにして、時々ハンドクリームをはさむ感じでやってます。

ちなみに、尿素入りのハンドクリームは肌が柔らかくなりますが、使いすぎると肌が弱るので注意です。

居間とかいつも自分が居る場所に置いておけば、テレビやYouTubeとかを見ながらぬりぬりできます。

ワセリンは、ベタベタになるまで塗ります。そして、手のひらなどだけ余分なワセリンをティッシュオフしてます。


たまに50度洗いをする


新型コロナ対策で、野菜を買ってきたら洗ってからしまってます。このときに50度洗いをしています。文字通り、50度のお湯で洗うのが50度洗いです。

わたしは給湯器の温度を50度にしてやってます。

50度洗いをすると雑菌が除菌できます。野菜は長持ちするし、ベビーリーフなど柔らかい葉っぱ類はシャキっと元気になりますよ。

これはヒートショックプロテインの為せる技なのですが、人間にも応用できるんです。50度のお湯はあっちいですが、やけどはしません。なので素手で野菜を洗います。1回10秒くらいしかがまんできないですけどね。

指先が赤くなってたらいい感じです。ヒートショックプロテインが働きます。

もうね、ウソみたいに手が若返っちゃうんですよ!

今の時期は関係ないですが、シモヤケも早く治りますよ。


食器洗い洗剤は手袋をする


食器洗いの洗剤の界面活性剤はとても強く、お皿の油だけじゃなく、手の脂もごっそりとってしまいます。手が乾燥する元凶のひとつです。

面倒でも手袋をして洗い物をしましょう。

どうしてもめんどくさいときには、洗剤をつけたスポンジを握る利き手だけでも手袋をすると違いますよ。


アルコール消毒しない


新型コロナの影響で手荒れ・乾燥がひどくなっている人の多くがアルコール消毒をこまめにしている人ではないかなと思います。

アルコールは手の脂をとってしまうので、使えば使うほど手は乾燥するし手荒れにつながります。

わたしは手の消毒反対派の一人です。手は石鹸で洗えば十分にウイルスを除菌することができます。アルコール消毒すると手でわたしたちを守っている常在菌も殺菌してしまいます。手の免疫力が落ちるとわたしは考えています。

水洗いと石鹸で十分ウイルスを防げます。



コラーゲンを飲む


まあこれはオプションで、いい影響はあるかなと感じているのでリストに加えました。

コラーゲンを飲むと、コラーゲン特有のアミノ酸が他のアミノ酸にくっついてペプチドという形のまま何割か吸収されます。

そのペプチドが線維芽細胞を活性化します。線維芽細胞ではコラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸などが作られています。

コラーゲンを飲むことで、乾燥が抑えられたり、傷がなおりやすくなったりという声は多いんです。細胞パワーを底上げですね。

でも、ドラッグストアにたくさんある低分子コラーゲンでは実感度は低いと思います。

飲むべきは高分子コラーゲン。または、低分子コラーゲンをさらに細かくした機能性コラーゲンペプチドを使用しているものです。

これは興味があればって感じです。よろしければ、コラーゲンのおすすめの記事を以下に載せますので御覧ください。

コラーゲンのおすすめ記事


手をシールドしてくれるハンドクリーム


最後に手荒れ・乾燥を進行させないため、防ぐために使っているハンドクリームをご紹介します。

コロナの影響で手をやたら洗い始めて、毎回ハンドクリームを塗りながら、ずっと考えてました。抗菌できるクリームってないのかな?って。

探してみたらちょっと面白いコンセプトのハンドクリームを見つけたんです。

エバーテックジェルです。

エバーテック ジェル 100g ハンドクリーム 除菌 保湿 保護 のトリプル効果 手荒れ あかぎれ ひび割れ 塗る手袋

新品価格
¥3,278から
(2020/4/16 13:01時点)

Amazon

手にすり込むとフィルムのように手全体をシールドしてくれるジェルです。外からの刺激から守ってくれるだけじゃなく、皮膚の内側からの水分の蒸発を防いでくれます。

成分をみるとエタノールも入っていて守られてる感がすごいです。

ちょっと価格は高いのですが、耐水性が強いので、1日に何回も使う必要はありません。しかもたくさん塗るとポロポロ剥がれちゃうので、基本ちょびっとしか使いません。

仕事の時はこれを使っています。出勤時と休憩のときに塗ってます。使ってみてこれはおすすめですよー。

最近はラテックス手袋をしての仕事が職場で義務付けられているのですが、汗を抑えてくれるので内側がビショビショになったりしません。他の人よりも手袋が気になってない感じがします。

医学と薬学のスペシャリストが研究開発したハンドジェルだそうですよ。


いかがでしたでしょうか。手荒れ・乾燥は意外とちょっとしたことで対策できます。気が向いたらやってみて~。

「手荒れ・乾燥が治ったので治す方法をシェアします +エタノール入のシールドハンドクリームをご紹介」という話題でした。

この記事へのコメント